10月19日の夜に寒気が襲来、御嶽山や中央アルプス木曽駒ヶ岳の山頂に初雪が積もりました。

20日は雲が多くて確認できませんでしたが、翌21日にはご覧の通り、くっきり雪景色。

2日かかっても溶けないとなると、それなりに積もったみたいです。

いきなり冷え込んだため、里の木々は大変です。

赤沢自然休養林の園内でも、やっと色づきに入りました。例年より半月も遅い色づきです。

例年の紅葉シーズンは、10月上旬から日々変化がありますが、なんの音沙汰もなく中旬まで引っ張っちゃったのは初めてです。

あまりに時期が遅くなったため、もう霜の心配さえしなくてはなりません。

21日の朝には氷点下を観測しています。

紅葉のスタートが遅れたからといって、終わりも繰り延べてくれるほど、自然界は甘くなさそうです。

ちょっと標高の低い渓流沿いでも、少しずつ色づきが始まっています。

「やべえ、急がなきゃ!」という声が聞こえてきそうなドタバタぶり。

こんな秋、初めての経験ですね。

見頃は今週末から月末までになりそうです。

ちなみに美しさは…例年並みには期待できそうもありません。

もっと順調に、徐々に冷え込んで欲しいものですね。

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen + five =

Translate »
PAGE TOP