赤沢自然休養林の園地内へ向かう途中の姫宮にて、キソガワサツキが開花しました。

花数は、まだ数輪程度です。ここ近年はこの時期は、何輪も咲いていて、見ごろになる場所も出てくるのですが。

赤い花芽が見受けられるようになってきたため、7月の第1週ごろには見ごろになる場所が出てきそうですが、昨年の7月豪雨のダメージにより、例年より花数が少なくなりそうです。

渓流に近い株ほど花芽がまったくないか、非常に少なくなっています。

今年のキソガワサツキは、渓流とともに撮影できるポイントが少なくなりそうな雰囲気です。

7月に入って花数が増えてくればよいのですが、あまり期待できそうにありません。

オオヤマレンゲは、セラピー体験館横の株など駐車場近辺の株の花数が多くなっており、見ごろのピークになっています。

午前中に咲いているオオヤマレンゲは、ほとんどが前日以前の午後に咲いた花です。午後(14時ごろに咲くことが一番多いです)だと咲いたばかりの花が多く、オオヤマレンゲの甘い香りが漂ってきますので、おすすめです。

 

 

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + fourteen =

Translate »
PAGE TOP