6月29日現在、赤沢渓谷のキソガワサツキは最盛期になっています。

ここ2年ほど、過去に例を見ない規模の豪雨災害が相次いでいますが、河川の増水にも負けず、予想より花々がみられました。

あんな自然災害のあとなのに、頑張っているな、と嬉しくなります。

29日現在の見どころは、五枚修羅付近から上流。

キソガワサツキは足場の悪い岩場に咲いています。

カメラでの撮影の際には、足元に十分ご注意ください。

オオヤマレンゲの開花時期も、佳境を迎えました。

例年になく梅雨明けが早まり、一足早く夏の暑さが続いています。

29日、赤沢自然休養林の森林内で、最高気温は27.5℃でした。

アスファルトの多い駐車場周辺は暑いので、ぜひ天然林の渓流沿いを歩いて涼風をお楽しみください。

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

14 − 2 =

Translate »
PAGE TOP