10月26日の朝まで、雨が降っておりました。

どうやら山岳では雪だったみたいですね。木曽駒ヶ岳、真っ白に雪化粧です。

地元では、山に3回降れば里に来る、という雪の言い伝えがありますが、もう2回目です。

このままだと、10月中に里まで雪が降ってきそうで、戦々恐々としています。

この冷え込みでもって、赤沢自然休養林の紅葉が見頃に突入しました。

天候不順でどうなるかとハラハラしていましたが、なんとか紅葉シーズンまで到達です。

今日もアクセス路沿いの紅葉を見ながらカメラを構えるお客様が、かなりいらっしゃいました。

ひとまず見られる程度には色づいてくれて、ホッとしています。

写真撮影には、午前中が良いですね。午後からは対岸の山々に影が落ちます。

また程よい曇り空だと、影が色を潜めて、森の奥まで良い色が写ってくれます。

寒さは例年以上に進行が早いので、この見頃は月末〜来月初めまでかな? と見ています。

雪がいつ、どこまで降ってくるのかを空と相談しながら、今シーズン最後のひとときを楽しみたいと思います。

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 2 =

Translate »
PAGE TOP