10月23日〜24日、赤沢森林鉄道の撮影会が開催されました。

今回のツアーは、クラブツーリズム社のツアー企画として開催。新型コロナウィルスの感染対策を実施し、現地集合・現地解散のツアーイベントとなりました。

今年は天候不順で紅葉がやや寂しかったものの、2日間ともお天気は最高(でも初日の夜は、寒かった!)。秋の日差しの中、モーターカーや理髪者、ホールドウィン蒸気機関車などの雄志を、熱心に愛機のカメラに収めていました。

とにかく皆さん、マナーが素晴らしい! お互いに譲り合いながら、ベストポジションを分け合って撮影に勤しんでいました。

講師の先生も所々で声をかけ、撮影に適した瞬間をアドバイスしています。

このイベントも秋恒例になりつつあり、段々と運営に年季が入ってきました。

夜は蒸気機関車などを編成してライトアップ。日常とは異なる、異世界感のある風景を演出しました。

この夜の光景は、ツアー参加者だけの特権です。

ボールドウィン蒸気機関車は既にボイラーの機能を失っていますが、舞台装置のプロが演出すると、この通り。

煙突やシリンダーから蒸気を吐き出し、現役当時の命が呼び覚まされたようです。

ちなみにこの煙、人体にも無害で機械にもダメージを与えません。

撮影会に参加された皆様、遠路からお運びいただきありがとうございました。

また運営に携わったスタッフの方々、講師を務めた神谷先生、お疲れ様でした。

来年もまた開催できるように頑張ります。

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + fifteen =

Translate »
PAGE TOP