10月17日(日)、遅い秋が訪れた赤沢自然休養林で、「医師と歩く森林セラピーの森」が開催されました。

このイベントは、INFOM国際自然・森林医学会日本支部の応援を受けています。

今年も新型コロナウィルスの感染防止対策として、長野県内に参加者を絞って開催。

安曇野市などからご応募がありました。

久米田名誉院長は森林セラピー専門医のパイオニアとして、お客様にご一緒して下さいました。

当日は前夜から雨。

朝も寒い雨が残っており、イベントの開催が危ぶまれましたが、奇跡の曇天に!

しかし一気に北風が強くなり、今シーズン1番の冷え込みが襲来です。

森林セラピストともに森を歩き、自然の中で五感を研ぎ澄ますメニューを体験します。

リラックスする感覚や呼吸法を学んだ後は、森林安息を体験。

ちょっと寒いコンディションでしたが、森の香りは健在でした。

安息の後は、香りの良いクロモジなどをブレンドした温かいお茶をプレゼント。

赤沢自然休養林では様々な生理実験が実施されており、森林滞在での効果が検証されています。

久米田名誉院長も調査にご協力いただいており、コース途中のピクトグラムで生理実験の結果を解説。

そこまで「なんとなく」だった森林の効果が、どんな改善をもたらすのか納得できます。

今回の散策が終わる頃には、晴れ間も見えてきました。

午後からは気温は低いものの、良いお天気に。

今回ご参加の方々も、血圧の改善やストレス値の低下が見られました。

 

今シーズンの森林セラピーイベントは、今回で終了。

来年こそは新型コロナウィルスの収束を実現し、心置きなく森林散策を楽しんでいただきたいものです。

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 1 =

Translate »
PAGE TOP