7月16日に甲信越地方の梅雨明けが宣言されました。

例年よりも早めの梅雨明けです。

今年の梅雨は、スコールみたいな変な雨ばかりでした。

赤沢自然休養林も、一気に夏の装いです。

 

 

渓流の水は澄み渡り、とても涼しげ。

森林内の気温は、正午で26〜27℃となっており、上松駅前から比べても4℃以上涼しい快適な空間です。

仕事で訪れても、帰るのが嫌になるくらい去り難い空間です。

 

 

遊歩道でも、日向は少し気温が上がります。

ジリジリと太陽の直射日光を感じるので、木陰で日焼けを防ぎましょう。

これが駐車場まで下ってくると、気温が一気に上がります。

 

早々と、渓流で泳ぐ人々の歓声が聞こえるようになりました。

駐車場付近は30℃前後になることもあり、泳ぐにはちょうどいい感じです。

水温が16〜17℃と低いので、いきなり飛び込むのは危険です。

必ずウォーミングアップをして、ゆっくり足から水に慣れてください。

 

なお渓流の岩の配置が、昨年7月の豪雨災害で大きく変わってしまっており、大規模な工事を入れないと元に戻りません。

水面が大きく下がってしまったため、木製滑り台の設置は見合わせる可能性があります。

現在のところ、渓流の水遊びには制限はございません(火気は厳禁です)

 

オリンピック連休のお問い合わせが増えてまいりました。

まだまだ新型コロナウィルスのワクチン接種も途中ですので、感染拡大防止にご注意下さいませ。

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × four =

Translate »
PAGE TOP