いよいよキソガワサツキのシーズンなのですが…。

今年のキソガワサツキは、とても残念なことになっています。

以前の投稿で、昨年の7月豪雨災害の影響を記載しましたが、やはり開花はまばらです。

川面より高い場所や、元気のある株だけに「ポツリ、ポツリ」と開花が認められました。

正直、こんなに花が少ない季節は久し振りで、花を探すだけでも一苦労。

来年の復活に希望を託したいところです。

オオヤマレンゲは満開の季節です。

たくさんの花々に囲まれていると、幸せな気分になりますね。

原種を保存した駐車場周辺でも、多くの花々が楽しめました。

今年大当たりになっているのが、ヤマボウシです。

木という木、全てが真っ白に見えるくらいの大満開。

これは数年に1度の出来事なのですが、本当に見事です。

今年の秋には、美味しい実が楽しめるかもしれません。

多くは野鳥のご飯になってしまいますが。

新型コロナウィルスの対策ワクチンは、上松町でも高齢者の2回目の接種が順調に進んでいます。

世界中で効果が現れてくれば、間近に花々を楽しめる機会も再び訪れてくれる、と期待しています。

それまでもう少し、辛抱、辛抱。

皆様もご自愛くださいませ。

No responses yet

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Translate »
    PAGE TOP