6月も中旬。

ここまであまり雨は降らず、森林浴日和が続いています。

そろそろ、本格的な梅雨入りが心配な時期。

赤沢自然休養林の駐車場周辺で、オオヤマレンゲのつぼみが白さを備えてきました。

これでふっくらすると、いよいよ開花です。

日当たりの具合によっては、この週末前後に開花する花があるかもしれません。

近隣種のホオノキは、ちょうど開花していました。

同じモクレン科ですが、花の大きさは子供と大人くらい違います。

ちょうど新緑が揃い、夏の濃い緑に移り変わるシーズンです。

木々が発散するフィトンチッドの濃度も最高潮。

これで雨が降り、雨が上がった午前中であれば、もう申し分ありません。

まだまだマスクが離せない世の中ですが、せっかく森林に入ったら、他の方がいないことを確認してマスクを外し、思いっきり深呼吸してみてください。

身体が芯からリフレッシュしていきますよ。

昨日は、長野大学の生徒さんたちがお越しになりました。

今年入学したばかりで、キラキラしている世代です。

これから地方活性化などを研究するため、長野県内の地方が備える魅力について学んでいます。

熱心な質問が数多く寄せられ、担当ガイドさんたちも驚いていました。

赤沢自然休養林の体験が、これからの大学生活に活きることを願ってやみません。

新型コロナウィルスに負けないよう、ぜひ鍛錬に邁進してください。

赤沢セラピー体験館で、大型モニターの試験上映が始まりました。

当面、赤沢の動植物の紹介や、森林セラピーの紹介をいたします。

また映像素材を撮り貯めて持ち込みましょう。

こちらの施設はインターネットの無料Wi-Fiも備わっているので、5名前後のテレワークなどにもご利用可能。

詳しくは、上松町観光協会(0264-52-1133、hinoki@avis.ne.jp)までご相談ください。

 

昔、賢者は森林へ瞑想に赴いたといわれます。

森林浴が始まった森でのテレワーク、思わぬ成果につながるかもしれません。

No responses yet

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Translate »