木曽駒ヶ岳登山道 上松Aコース5合目金懸小屋の付近で発生した崩落は、木曽駒山岳会のメンバーによる応急作業の結果、通行できるようになりました。

令和2年7月豪雨の影響による被害だと推定されます。

なお応急作業による復旧なので、通行には十分ご注意ください。

One response

  1. 7月31日に上松尾根の三角点「金懸」を往復する際に通過しました。大雨が降ると風化花崗岩質なので崩壊しやすい。ロープが張ってありましたが倒れています。浮き石に注意し、足場は確保できますので慎重に。初心者だけのパーティには困難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »