例年なら開園を間近に、大忙しのはずの赤沢自然休養林ですが、今年はなんとも寂しげな状態です。

ご覧の通り、公園の入り口には閉鎖の看板が設置されました。

同じ看板はアクセス路にも数基設置されており、予告看板となっています。

 

新型コロナウィルス対策による開園の延期は、今のところ5月15日(金)までを見越していますが、これも仮の予定です。

今年は連休になりそうもないゴールデンウィーク、上松町にも来訪や帰省があることが予想され、もし地元に感染者が表れれば5月中旬頃になるかな、との恐れがあります。

万が一、従業員やそのご家族に感染者が発生した場合は、さらに対策が必要になります。

 

また安全が確認され、長野県や政府の緊急事態宣言が解除されることも、営業再開の条件です。

 

スタッフはメンテナンスのために現地に行かざるを得ませんが、どうか規制中は入山されないようお願い申し上げます。

皆様も、平穏な生活が1日も早く戻りますよう、感染にご注意いただきながらお過ごしください。

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »