新型コロナウィルスの感染拡大によって、全国に緊急事態宣言が発令されました。

長野県からも県境をまたぐ移動を抑制する要請が出され、赤沢自然休養林でも入園規制が実施されることになりました。

すでに4月19日には入園をご遠慮いただく看板が設置され、29日に予定されていた今シーズンの開園を待たずして、園内へは入園できなくなっています。

よもや、こんな春を迎えることがあろうとは…。

いつ開園できるか見通しは立ちませんが、当面のところ、休園は5月15日まで続きます。

いつでも開園できるよう、森林鉄道の整備は進めています。

機関車の点検に続き、軌道の確認なども順次進めてまいります。

 

現在のところ緊急事態宣言は解除される見通しが立っておりません。

赤沢自然休養林のご利用が可能になった際は、改めてご案内申し上げます。

皆様、何をおいても新型コロナウィルスの感染拡大を抑えるよう努め、また感染にも十分にご注意ください。

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »