上松町は今年で町制100周年を迎えます。

記念事業として、木馬引き大会で世界記録に挑戦します!

そのための費用を集めるためにクラウドファンディングに挑戦することになりました。

 

木馬(キンマ)とは、かつて木材を搬出するために使われたソリ状のものをいいます。

杣人によって伐られた材は木馬に積み上げられ、

盤木と呼ばれる丸太を枕木のように敷いた木馬道の上を滑らせるようにして運び出されました。

 

「木曽谷運材の実況(木馬)」 明治末期頃(写真:個人蔵) 

 

およそ2トンもある木材を運び出すこの操作はかなり難しく、熟練された技が必要とされ、

時には運搬中に死傷者が出ることもあったといわれています。

先人の苦労を忍び、また林業の町である誇りを後世に伝えるべく、

上松町では30年以上前から「木馬(きんま)引き大会」を行ってきました。

 

 

コロナ禍の影響で今年は3大会ぶりに開催されますが、

町制施行100周年を記念して、世界記録に挑戦します!

次の100年に林業文化を伝承し、この行事を後世に残していくために、

皆様のご支援、ご協力を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

クラウドファンディングへはこちら

詳細チラシはこちらから

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

13 − 5 =

Translate »
PAGE TOP