8月13日から降り続いた豪雨による災害ですが、木曽駒ヶ岳登山道にも大きな影響がありました。

町内の生活路線にも多数被災箇所があるため、復興の見通しはたっておりません。

登山道全体の安全が確認できるまでは危険ですので、ご利用はお控えください。

 

9月2日 現在

 上松Aコースの旧アルプス山荘上、滑川の横断部分が流失しており、通行できません。

滑川砂防ダムからの迂回路が開通いたしましたので、そちらをご利用ください。

敬神小屋の前は河川の流れが大きく変わり、多数の石が流れ出ています。渡渉もありますので今一度装備の確認をお願いします。

 

 上松Bコース手前、林道が流失しており、通行できません。

 

この他にも被災箇所が予想されます。

情報が入り次第、順次情報を更新して参ります。

十分にご注意ください。

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six − four =

Translate »
PAGE TOP