8月13日から降り続いた雨による災害で、国道19号線の各所にも被災箇所が発生しました。

上松町内では、宮戸・下河原地区の国道19号線で大規模な土石流が発生しました。

こちらの被災箇所は、17日早朝より、通行が可能となっています。

 

一方、小野〜荻原地区の小野の滝付近で国道への土砂崩れがあり、片側交互通行が行われています。

木曽郡内の国道19号線は、片側通行を含むものの、23日から南北(塩尻〜中津川)が開通しました。

 

■ 国土交通省道路情報情報システム

 

JR東海の中央西線は、木曽地域の各所で線路や信号が土砂をかぶっており、復旧まで時間を要します。

南木曽駅〜塩尻駅の区間は、当面運行を見合わせています。

なお、普通区間でのバスによる代替え輸送が8月23日から開始されています。

 

■ JR東海 在来線運行状況

 

■JR東海 代替えバスによる運行について

 

上松町内では、次の路線が通行できません。

● 町道高山線: 複数の土砂災害が発生。

● 林道木曽駒山麓線: 土砂崩れにより通行止め。

どうか皆様もお気をつけて下さい。

 

 

Categories:

No responses yet

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    2 × 5 =

    Translate »
    PAGE TOP