6月8日、赤沢自然休養林の最新情報です。

梅雨シーズンのためかお客様は少なめ。

それでも、森林浴を楽しむには最高の季節となっています。

心配された梅雨空も、今は一段落してくれています。

オオヤマレンゲは順調に成長中。

花芽も成長しており、今週末に咲くかな? という雰囲気が出てきました。

そうなれば見頃は来週からとなりますが、ここから開花までは天候次第なので、天気と相談しながらゆっくり開花して、きれいな花を楽しませてほしいものです。

一方、ちょっと深刻なのはキソガワサツキ。

昨年7月に赤沢のアクセス路を崩壊させた豪雨災害の影響で、かなり株が傷んでいるものがありました。

若々しい株も育ってきていますが、目立った花芽は確認できておりません。

最近は、毎年のように災害級の豪雨が降るため、流れに洗われる回数が増えてしまっています。

一度傷むと復活に数年かかりますが、毎年増水していると、キソガワサツキは衰えるばかり。

こちらは若干高いところの株ですが、やはりつぼみは見えません。

これだけ少ないのは数年ぶり、久し振りの寂しさです。

現在の状況ですと、キソガワサツキの満開は望み薄です。

昨年の災害から身を隠すことに成功して、つぼみをつけた株を見つけることができれば、かなりラッキーといえるでしょう。

今年は穏やかな雨に恵まれることを願うばかりです。

No responses yet

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Translate »