季節は6月に入りました。

今シーズンが始まったと思ったら、あっという間に新緑です。

赤沢自然休養林は、今年も柔らかな若々しい緑に溢れています。

こんな爽やかな季節を、新型コロナウィルスの緊急事態宣言のために皆様に味わっていただけないのは、まさに痛恨の極み。

せめて、美しい新緑を画像でお届けいたします。

5月後半、お客様からアニメに赤沢自然休養林の森林鉄道が出ていると情報をいただきました。

こちらでは放映されていない「新幹線変形ロボ シンカリオンZ」という番組だったのですが、世はネット時代。

どこかで観る機会はあるものですね。

拝見したところ、木曽森林鉄道がテーマになっていて、実にリアルな絵で赤沢のアクセス路が!

こちらに写っている橋台が、違うアングルで描かれていました。

アニメーターの技術って、本当に素晴らしい。

木曽は新幹線とは程遠い世界ですが、こんな形で取り上げていただき、感謝するばかりです。

そういえば、お子様連れのご家族が目立つようになった気が…。

赤沢にはツツジの仲間がかなり多く、初夏は開花時期となっています。

今は、サツキ(背の高い方)やドウダンツツジが見頃。

この時期は赤い花が多いですね。

サツキといえば「キソガワサツキ」が有名ですが、開花は例年6月中旬〜下旬あたりから。

ただ、昨年の7月豪雨災害で激流を被っていますので、どれだけ元気を取り戻してくれたか心配です。

6月3日現在、まだまだキソガワサツキの花の気配はありませんでした。

初夏のもう一つの花、オオヤマレンゲはつぼみが点々と見えています。

春先は暖かかったものの、遅霜を受けて縮れた葉っぱが目立つ木がありました。

つぼみの方には、被害は見られない様子。

ここから10日前後で開花に至りますので、中旬あたりに開花の報が届くかな、と思います。

今年は無事に営業しているものの、新型コロナウィルスの緊急事態宣言が長引いて、来園者はわずか。

夏にはワクチン接種も本格化しますから、新規感染や重篤化のリスクが減ることを願うばかりです。

新型コロナ、数年先には普通の風邪と同じような弱さになっているといいな。

 

もうしばらく我慢の時が続きますが、皆様もお気をつけてお過ごし下さい。

Tags:

No responses yet

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    fourteen − 8 =

    Translate »
    PAGE TOP