昨年の冬から本格化した新型コロナウィルスの感染拡大で、各地のイベントは自粛や中止が相次いでいます。

木曽地域の冬のイベント「氷雪の灯まつり」も、各町村で開催内容が変わりました。

上松町では雪上相撲大会や、屋外でのアイスキャンドル点灯などを開催していましたが、今年は全て中止となりました。

御嶽海関の応援企画でもあったので、本当に残念の極みです。

 

冬の駅前が寂しくなってしまったので、町内にある「ねざめホテル」から、竹灯籠を拝借して駅前のステージに設置しました。

基数が少ないので街全体を飾るほどではありませんが、夕方に灯が入ると美しいものです。

 

次のシーズンこそは、新型コロナウィルスが収束していることを願うばかりです。

まだしばらく気温の低い日が続きますので、皆様もお体をご自愛ください。

Tags:

No responses yet

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    20 − eighteen =

    Translate »
    PAGE TOP