1月7日、日本全国は新型コロナウィルスの爆発的な感染者増加に驚愕しているところです。

早々に首都圏で緊急事態宣言が発令される流れ。

長野県内でも小諸市や松本市などで感染者が増加しており、県独自の対策が打ち出されそうな雰囲気です。

 

そんな中、日本海を発達中の低気圧が移動し、上松町でも西部を中心にかなりの積雪が予想されています。

 

 

赤沢自然休養林も、冬の写真を撮影に行かれる方がありますので、今日は様子を見てきました。

 

駐車場には轍もありましたが、御覧のような降雪状況。

視界は30m程度で、強風が吹くと雪が舞い上がり、何も見えなくなる「ホワイトアウト」状態が発生します。

積雪は7日14:00で30cm以上、降り方によっては8日からは車で入るのは危険です。

 

除雪は国有林で作業を行う範囲だけで、園地の駐車場までは到達しておりません。

万が一、スタックすると助けも来ない僻地ですので、くれぐれもご注意ください。

No responses yet

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Translate »