12月13日からの雪は、15日になっても降り続いています。

積雪量はまだまだ少なく、1~2cm程度と、簡単に融けてしまうような白さ。

ですが一気に寒さが増して、日中でも外を歩くのは大変になりました。

道路の凍結も心配される時期です。

 

これから雪が増えていけば、寝覚の床も年賀状の写真が撮影できそう。

ここ最近はまったく白くなく、雪景色から縁遠い風景でしたから、久しぶりに師走らしい実感が出るかもしれません。

木曽駒ケ岳は真っ白なので、夕照が楽しみですね。

 

こうやって見渡してみると、地元でも雪景色が楽しめる風景が結構あるもんだ、と思います。

Tags:

No responses yet

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    4 × 1 =

    Translate »
    PAGE TOP