11月5日の夜、木曽文化公園・上松町教育委員会・上松町観光協会が共催する地元子供向けの星空観望会が開催されました。

当日は東京大学木曽観測所や木曽星の会の方々も講師として参加していただきました。

空模様が心配されたものの、当日は雲ひとつない晴天。

やや空気の澄み具合が悪いとのことでしたが、かなりの星が見えていました。

 

 

3台の望遠鏡が木星、土星、火星を補足し、大きく見える惑星に歓声が。

しかし寒かったこともあり、中には飽きてしまう子も…。

星空のロマンを理解するには、ちょっと早かったか。

 

上松小学校の校庭は町の光を拾い、近くに街灯もあるのですが、それでも星々はよく見えます。

新型コロナウィルスの脅威が収まったら、観光イベントとして開催したいものです。

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »