6月13日(土)、オオヤマレンゲが開花しました。

しかも午前中の1輪だけでなく、午後には次々に花々が開花。

最初から、こんなにポンポン花が咲くのは珍しいことです。

それだけ、遅霜の影響で傷んだ花芽が少なかったということでしょう。

それにしても、しっとりした風景のオオヤマレンゲは格別です。

やはり梅雨時の似合う花ですね。

もう一つの目玉、キソガワサツキは開花がみられていません。

こちらは平年並みになるか、あるいは花の少ない年なのか、見極めてきたいと思います。

梅雨時の鑑賞には、お足元に十分ご注意ください。

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »