長野県から37年ぶりの関取となった御嶽海関。

2015年3月、幕下付出し格で角界デビューした御嶽海関。ケガや体格の苦労を乗り越えつつ、2018年夏場所で初優勝、さらに2019年秋場所で2度目の幕内最高優勝を獲得しました。しかし同年の11月九州場所、17場所連続で務めた三役から陥落の危機を迎えます。

 長野県の郷土力士、御嶽海関の活躍を記した軌跡の、第2部をご紹介。

【2019年までの第1部はこちらから】


【2020年】

1月場所 朝乃山 豪栄道 高安 玉鷲 鶴竜 貴景勝 大栄翔 妙義龍 隠岐の海 遠藤 阿炎 松鳳山 北勝富士
西前頭2枚目

…3年にわたって在位した三役から陥落し、実に3年振りに平幕で挑む新年の場所。今年の課題は体躯の軽量化です。膝に不安を抱えつつも、一進一退の戦局が続きます。

Translate »