世界的な新型コロナウィルスの流行で、世の中は大変なことになっています。

旅行業界も大きな影響を受けていますが、旅行ジャンルの中にはヘルスツーリズム、メディカルツーリズムに分類されるものがあり、人々の健康に役立つ旅行も実在します。

上松町にも赤沢自然休養林という、森林浴が始まった国有林がありますが、ここは森林セラピー調査の過程でいくつかの生理実験が続けられており、健康指標の改善が立証されています。

特に都市生活で疲れた方の免疫機能を、本来の健康的な水準に近づけるという効果があります。

 

 

現在のところ、観光地へ行くと他の人との距離感が心配になりますが、赤沢自然休養林は広いため、お気に入りポイントでのんびりと過ごすことができます。

ご心配であれば、お食事もご自身で準備して訪れれば安心です。

森林の滞在も、特に何もする必要はありません。

植物が発散するフィトンチッドが満ちた空気を吸い、森林のフレッシュな香りを楽しみながら、せせらぎの音を聞いてリラックスする。

たったそれだけでも、ヒトの体は自然界に順応していきます。

 

3月から4月の花粉症のシーズンが終わると、ちょうど赤沢自然休養林の開園。

今年は4月29日(水)からオープンします。

 

【参考文献】

「森林浴旅行がヒトの免疫機能に及ぼす影響(英文)」

「森林浴の効果を科学する」

Tags

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »