大相撲の初場所も始まり、御嶽海関の故郷・上松町でも一喜一憂する2週間に入りました。

例年なら一番寒い時期なのですが、今年は異例の温かさで積雪もありません。

山々の雪もご覧の通り、白くなったかと思えば、その日のうちに消えてしまうほど微量です。

あまりに積雪が少ないと、夏の水不足にならないか心配です。

でも最近の雨の降り方も尋常ではないので、極端にならないことを願うばかり。

 

この暖かさで、小野の滝の氷結は進んでいません。

ひょっとすると、月末には梅が開花することも…?

数年前には、そんな事例がありました。

花の後に寒さが来ると梅の収穫に響きます。

あまり変な気候になりませんように。

 

1月も、早半分終わりますね。

Tags

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »